音楽系総合まとめサイト

J-69.com

トピックス

新年第一弾!2020年最新「au三太郎」CMソング『みんな自由だ』を歌っているバンドは!?過去の歴代CMソング担当アーティストの楽曲まとめも

あっという間に2020年になり、お正月を迎え、テレビではすっかり新年の特番が放送されています。
その中でテレビから聞こえる耳に残る声。これはもしや…!?
CM自体に人気があるauの三太郎テレビCMシリーズ
新年第一弾として新しいCMが公開され、気になる方も多いと思いますのでまとめました。

au三太郎テレビCMとは

auの三太郎のテレビCM桃太郎(松田翔太)浦島太郎(桐谷健太)金太郎(濱田岳)の三太郎を中心に、かぐや姫(有村架純)乙姫(菜々緒)鬼ちゃん(菅田将暉)織姫(川栄李奈)親指姫(池田エライザ)等が繰り広げるストーリー仕立てのCMです。
続々と追加される豪華な俳優陣はさることながら、それぞれキャラクターが立っておりそれぞれがリンクしているCMとなっているため、三太郎CMのファンも多いです。

2020年の第一弾「au三太郎」CMソングは「みんな自由だ」篇

2020年の第一弾「au三太郎」CMソングは「みんな自由だ」となっています。

聞き覚えのあるメロディに伸びやかに発せられる「みんな自由だ」のフレーズ。
この曲を歌っているのは

Half time Old(ハーフタイムオールド)というバンドです。

楽曲はHalf time Old(ハーフタイムオールド)の「みんな自由だ」

「好きにやろう だってみんな自由だ」という歌いだしがキャッチーながらインパクトのあるこの楽曲を歌っているのは、着実に知名度・動員を伸ばし続けるHalf time Old(ハーフタイムオールド)
タイトルはまさにみんな自由だという楽曲です。
バンドはこの三太郎のCM起用についてこのように発言しています。

明けましておめでとうございます!
Half time Old です。
全国でみんな知っているような三太郎のテレビコマーシャル。あの三太郎CMにHalf time Old がご一緒できると聞いたとき本当に驚き、そしてうれしかったです!!
Half time Oldらしさも入れながら、歌詞がないところも三太郎のように元気に、楽し気な雰囲気が伝わるように歌を作りました!
CMをご覧の皆さまも、大切な誰かと一緒に、
2020年が自由に生きる1年になりますよう願っております!
2020年もよろしくお願いします!(公式サイトより)

このYouTubeでは、Half time Oldが楽曲について語っています。
ちなみに「みんな自由だ」のオリジナルはスコット・ジョプリンの「The Entertainer」という楽曲
この楽曲を歌唱・アレンジを行ったのがHalf time oldです。

Half time oldは2011年に結成された、ボーカル/ギターの鬼頭大晴(きとうまさはる)、ギターの小鹿雄一朗(おじかゆういちろう)、ベースの内田匡俊(うちだまさとし)、ドラムの阪西暢(さかにしよう)の4人からなるロックバンドです。
2013年に「イナズマロックフェス」出場を賭けた「イナズマゲート2013」で優勝を獲得。
翌年2014年にはオープニングアクトとして出演しています。
またロックバンドの登竜門ともいえる「RO69 JACK 14/15」でも優勝を果たし、「COUNTDOWN JAPAN(カウントダウンジャパン)14/15」へも出場しています。
2019年には、数々のライブサーキットにて入場規制がかかり、大型フェス「FREEDOM NAGOYA 2019」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」へも出演しています。まさに注目度が上がっている中での今回の三太郎への起用となっています。

楽曲についてのまとめは当サイトでまとめていますので、是非ご覧ください。
Half time Oldのまとめを見る⇓

ちなみにまだ配信・リリース情報等は発表されておりませんが、三太郎のタイアップの傾向だと近日配信になるかな?と思っております。
楽しみですね。今後もHalf time Oldに注目していきましょう。

過去の歴代「au三太郎」CMソングを歌う豪華アーティスト

2020年度はHalf time Oldが担当していますが、過去のCMも様々なアーティストが担当しています。
過去の歴代「au三太郎」ソングをチェックしてみましょう。

【2019年CMソング】GReeeeN(グリーン)「一緒にいこう」

2019年の第一弾CMソング「一緒にいこう」篇を担当したのはGReeeeN(グリーン)でした。
この楽曲「一緒にいこう」はアメリカの野球ファンの愛唱歌「Take Me Out to the Ball Game(私を野球に連れてって)」と、バッハの「Jesus bleibet meine Freude(主よ人の望みの喜びよ)」の2曲をアレンジした楽曲になっています。
GReeeeNらしい軽快な曲調で歌いあげていますね。

ちなみにこの時の新年のCMには同じauCMの「意識高過ぎ!高杉くん」シリーズに登場している高杉くん(神木隆之介)松本さん(松本穂香)細杉くん(中川大志)が初登場していました。

一緒にいこう

【2018年CMソング】yonige(ヨニゲ)「笑おう」

2018年の第一弾CMソング「笑おう」篇を担当したのはyonige(ヨニゲ)でした。
この楽曲「笑おう」アメリカ民謡「聖者の行進」をロック調にアレンジしたナンバーとなっています。
笑おうをテーマにしたこのCMでは、福笑いをしたり鬼ちゃん(菅田将暉)の子供をあやしたり、登場キャラクターたちの笑顔になる瞬間をとらえた新年からハッピーな気持ちにさせてくれるCMとなっています。
このCMの起用はyonigeの名をよりお茶の間に浸透させるきっかけとなったといえます。

笑おう

yonigeのまとめを見る⇓

【2017年CMソング】WANIMA(ワニマ)「やってみよう」

2018年の第一弾CMソング「やってみよう」篇を担当したのはWANIMA(ワニマ)でした。
この楽曲「やってみよう」童謡「ピクニック」をアレンジした1曲となっており、WANIMAらしいアッパーなグルーブをきかせたナンバーになっています。
三太郎たちだけでなく、皆が色々な事を「やってみよう」とするその姿は、新年の幕開けにふさわしいポジティブな気持ちになれますね。

やってみよう

WANIMAのまとめを見る⇓

【2016年CMソング】AI(アイ)「みんながみんな英雄」ここから始まった!?

2016年の第一弾CMソング「みんながみんな英雄」篇を担当したのはAI(アイ)でした。
この楽曲「みんながみんな英雄」フォークダンス曲「オクラホマミキサー」をアレンジした楽曲です。
当初はCM向けとして100秒バージョンしか存在しなかったそうですが、反響が大きかったためフルバージョンが制作されたそうです。

みんながみんな英雄 (フルバージョン)

ちなみにauの三太郎シリーズがスタートしたのは実は2015年1月1日から。
今では馴染みあるCMですが、この公開当時は桃太郎、浦島太郎、金太郎の登場が「あたらしい英雄」篇として描かれ、音楽もBGMだけでした。
実際にアーティストを起用し、アレンジした楽曲をアーティストが歌うようになり始めたのはまさにこの2016年のAIさんの「au三太郎」CMからといえます。

他にもある!「au三太郎」発のヒットソングといえばあの曲

「au三太郎」の曲といって、様々なアーティストが歌う楽曲だけでなくキャラクター達が歌う楽曲を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
せっかく三太郎そしてまとめていますのでそちらについて言及もしていきたいと思います。

浦島太郎(桐谷健太)が歌う「海の声」「お家をつくろう」「三太郎音頭」

「海の声」

まず「海の声」はau三太郎シリーズの楽曲で一番のヒット作といっても過言ではない楽曲です。
この曲は浦島太郎(桐谷健太)名義でリリースされています。
2015年7月17日にauガラホ(AQUOS K)「海の声」篇としてCMが放送開始され、浦島太郎が乙ちゃん(菜々緒)に対しての思いを歌っている楽曲となっています。
作曲はBEGINの島袋優さんで、島袋さんは桐谷さんの動画をなんと5日間も視聴し、丁寧に曲作りを行ったそうです。
心が落ち着くBEGINらしさも感じる温かい楽曲と、桐谷さん本人が弾いている三線が三太郎の世界観とマッチしており、楽曲はミリオン認定され大ヒット。誰もが知る楽曲となりました。

海の声

「お家をつくろう」

「お家をつくろう」は2018年8月から放送開始されたau三太郎「おうちの歌」篇のCMで、同じく浦島太郎(桐谷健太)が歌う楽曲です。
このCMは亀の形をした家の屋根で一人、家に対しての思いや、家族のように大切な対しての思いを歌いあげています。
物語「浦島太郎」ともリンクしているかのようなどこか切ない歌詞と、優しい音楽が魅力的な楽曲になっています。
今回の作曲は、シンガーソングライター秦基博さんが担当しています。

お家をつくろう

「三太郎音頭」

「三太郎音頭」は2017年6月から放送開始したau三太郎 「三太郎デビュー」篇で 使用されている楽曲です。
歌唱は同じく浦島太郎(桐谷健太)が担当していますが、このCMでは「三太郎」のデビューソングとして楽曲が使用されています。
まさにキャッチーな盆踊りソングとなっており、「海の声」に次いで第二弾の楽曲です。
この曲を作曲したのは 馬飼野康二(まかいのこうじ) さん。有名アーティストの楽曲を数多く手掛けており、最近だとジャニーズの楽曲で関ジャニ∞やKinki Kids、Sexy Zone等の作曲を担当しています。

三太郎音頭

歌っているのは鬼ちゃんだった!?菅田将暉「見たことない景色」

CMでこの楽曲が使用されたのは2016年11月20日からでした。
auのサッカー日本代表を応援するCM「au BLUE CHALLENGE」の一環として、au三太郎シリーズ「応援」篇が放送開始。
泥だらけになりサッカーをする侍風の選手たちを応援する三太郎達のCM。
しかしこの時点でアーティスト名は公表されておらず、誰が歌っていることは伏せられていました。
同年12月22日に楽曲を歌っているのが菅田将暉であることが公表されました。
この楽曲「見たこともない景色」から歌手としてデビューすることになり、音楽活動をスタートさせていきました。
あくまでもこの楽曲は菅田将暉本人名義ですが、WEB上では「鬼ちゃん」Verでのミュージックビデオを見ることができます。

見たこともない景色

今回はHalf time oldの起用をきっかけにau三太郎CMシリーズについてまとめました。
今後もこのように注目アーティストの起用や、ヒットソングが誕生していくのではないかと思われます。auCM、要注目ですね。

-トピックス
-, , ,

Copyright© J-69.com , 2020 All Rights Reserved.